施工の流れ

塗装リフォームの流れ

img_flow01

1.ご説明・ご相談

担当者がお客様のご要望をお聞きします。それを踏まえて、施工現場を目視・触診・打診などによって調査・確認いたします。その際は、担当者とご一緒に、お建物の確認をしていただきますようお願いいたします。

普段は気が付かない劣化や破損などの情報を共有できます。
また、確認とともに実際の補修方法・施工方法などもその場で具体的にご説明させていただきます。

img_flow02

2.お見積提出

ご要望や建物の状況をふまえて、施主様にとって最良のお見積を提出いたします。塗料によって耐久性・保証内容・価格などが異なりますので、十分にご検討ください。

塗料の選定や保証・施工内容など、ご不明な点があれば何でもご質問ください。

img_flow03

3.ご契約

その後、同意をいただければご契約となります。具体的なリフォーム工事の日程などをお打ち合わせさせていただきます。

img_flow04

4.近隣へのご挨拶

施工開始の1週間程前に、当社から近隣の方々へ塗装日程・施工中の注意点などをお伝えにまわります。

必要に応じて、工程表などをお持ちさせていただくことも可能です。

img_flow05

5.仮設足場組み工事

最善の施工をするために、仮設足場の設置は重要な工程です。足場組みの前には現地調査を行い、塗装職人が施工しやすく、また近隣の皆様にご迷惑のかからない安全性を確保するために、現場状況を十分把握させていただきます。

足場組みの際は、事故のないよう丁寧な作業を心がけております。

img_flow06

6.高圧洗浄・養生

まずは外壁や屋根の汚れ・藻・カビなどを丁寧に除去します。洗浄が不十分だと、施工後に塗膜剥離の一因となるためです。

また、板金などの旧塗膜の状態が思わしくない場合はサンダーやペーパーを使用しケレン作業も行っていきます。シーリングを施工する際は、洗浄完了後に打ち替えまたは打ち増し(現場状況に応じて)の作業を行います。

窓・玄関・勝手口などの開口部やエアコンホースカバーなど、塗装をしない箇所または塗料が付着してはいけない箇所には養生を施していきます。

img_flow07

7.下塗り (シーラー塗装・さび止め塗装)

塗装作業の中でも非常に重要な工程です。塗装箇所の下地の状態によって、使用する塗料も変わります。フィーラー・シーラー・さび止めを、下地部分に合わせて丁寧に塗装します。

img_flow08

8.中塗り・上塗り

2回塗装をすることで、お家が美しく、また塗料の持ちも良くなるよう仕上げます。一級塗装技能士の資格を持った職人たちが、丁寧に仕上げます。

img_flow09

9.付帯部塗装

軒天・雨樋・破風鼻隠しなどの付帯部を塗装します。

img_flow10

10.検査確認

問題がないか点検し、何かあればすぐに手直しを行います。養生と足場を撤去し、清掃をして完了となります。

img_flow11

11.定期検査・メンテナンス

Sol.リフォームでは、1年に1度の定期点検を行っていますので、万が一塗装の劣化の兆候が見られる場合も、早期に対応が可能です。

塗料の保証期間内で、かつ保証対象内であれば無償で対応させていただきます。

TOP