ブログ

凍破

永田です。
日に日に寒さも強まってきて、冬も本番になってきましたね。
さて、冬に起こるお家のトラブルを紹介します。

特に寒冷地で起こる症状だとは思いますが、「凍破(とうは)」というものがあります。

外装のパワーボードや瓦に雨水などが染み込み、含まれた水分が凍結し、膨張し壊れてしまう症状です。

どうして起こるのか?

資材を守っている表面の塗膜が、永年劣化で弱くなり、塗料が流れて出て、水分が中に染み込んでいってしまうからです。
これを防ぐには、早めの外装のお手入れが必要です。
一般的に、外装の塗膜は8~10年ぐらいから劣化が始まります。
中の塗料が流れ出る前に、早めのお手入れをお勧めいたします。

TOP